夏期講習の情報はこちら!ボタン

公立高校 志願状況からわかること

本日(2月1日)は、公立高校の志願締切最終日となりました。

神奈川県のホームページに志願状況が発表されましたので、詳細はこちらでご確認できます。
志願締切時志願状況

今回は、近隣高校の志願状況を中心にお伝えしていきます。昨年の倍率も比較しながら、予想される志願変更の動きを、探ってみたいと思います。

目次

近隣高校の志願状況

スクロールできます
高校名募集定員志願者数倍率昨年
志願変更前
倍率
昨年
最終倍率
厚木3584761.331.381.32
厚木東1982441.231.211.15
厚木北2382551.071.041.04
厚木西2382791.171.011.07
海老名3986091.531.301.22
有馬3183401.071.081.10
大和2784331.561.481.39
座間3183361.061.361.26
秦野3583781.061.131.14
伊勢原2792281.221.191.14
伊志田3083020.981.091.15
厚木商業1581821.151.171.11
厚木清南2302621.141.161.08

海老名 志願者数600名超え 1.53倍!

上記の高校の中で高倍率は、海老名、大和です。
どちらも毎年人気のある高校ですが、海老名の志願者数が600名を超えるのは久しぶりです。

昨年度の志願変更の動きを見ますと、海老名は28名、大和は11名が志願変更をしています。
今年度は昨年より倍率も高いので、昨年以上に志願変更があると予測しています。

座間、伊志田 定員数増で低倍率か?

海老名、大和に対して、例年になく低倍率なのが、座間、伊志田です。
座間は毎年倍率は高いのですが、今年度は定員数が増えた影響が出たのかもしれません。

また、伊志田は定員割れの状況となりました。1クラス増に加えて、10月の進路希望調査で希望者が少なかったことが、結果に出てしまいました。

今後の予測する志願変更の動き

予測する志願変更の流れとしては、海老名から座間へ、厚木東から伊志田、有馬への動きに注目しています。

2月6日(月)~8日(水)の期間で、志願変更が行われます。
志願変更後の最終倍率は、2月8日(水)の夜に県のホームページ「記者発表」に掲載されます。

今回はこのへんで終わります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次