「なんとなくだるい」は要注意

今週から連休明けの授業でしたが、生徒さんは少し疲れ気味の様子でした。連休中に生活が崩れて元の生活に戻れなくなるケースがよくありますので注意が必要ですね。

新聞の記事にも掲載されていましたが、連休明けから、疲れやストレスが引き金になり、心や体の調子が悪くなる人が増えるとのこと。いわゆる「五月病」です。

始まりは「なんとなくだるい」「やる気が出ない」といった症状。睡眠のリズムが狂ったり、食欲が低下したりするなど、生活リズムに影響が出る場合もあるそうです。

こうした症状の予防法と対処法は、やはり一番は「生活リズムを整える」ことです。

例えば、朝起きたら朝日を浴び、30分ほど体を動かす。昼は外で運動するなどして体をつかれさせる。決まった時間にご飯を食べて、ぐっすり眠る。小学生、中学生はこんな生活がベストです。

ヒトの体内時計の周期は通常、24時間より長めに設定されていて、起床後、日光を浴びたり、朝食を食べたりすることで、体内時計が早まり、24時間に調整されることが分かっています。

ヒトの体内時計には、日中は活動して夜は眠るといった昼行性の動物の行動パターンを取る前提で、身体の様々な働き(睡眠リズムやホルモンの分泌、体温調節のコントロールなど)が大体決まった時刻にプログラミングされています。

したがって、「早寝早起き朝ごはん」を実行していけば、勉強やスポーツなどで自分の力を最大限に発揮できるだけでなく、心や身体もベストな状態にすることができるのです。

生活リズムを整えることで学習意欲も変わります。「いつもの時間」で生活することが大事ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる