定期テストで成績アップする5つのコツ

いよいよ中学校の期末テストが近づいてきました。先日、塾生には「定期テストの勉強法」を紙面にして配布し、テスト勉強の心構えを話しました。

今回は、生徒さん向けに「定期テストで成績アップする5つのコツ」をお伝えしたいと思います。特に中学1年生は、初めてのテストになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.テスト勉強は早めに取りかかる!

当たり前のことかもしれませんが、これが一番大事です。テスト勉強は、準備と計画で9割は決まると言っても過言ではありません。まずは、テストの範囲と学校のワーク(提出物)を確認しましょう。学校のワークは、塾や学校で習った単元から早めに取りかかることがポイントです。

塾長鈴木

テスト範囲表が配られたら、提出物にマーカーを引いておきましょう!

2.学校のワークは何度も繰り返す!

主要5教科は副教材として学校のワークが配られていることが多いです。こちらは学校専用の教材で、定期テストでは、このワークから類題が数多く出題されます。ワークを攻略することが得点を取る近道です。そこで、生徒さんには「3段階チェック法」という解き方をおすすめしています。

  • 1周目 ×(間違えたところ)の問題にチェック入れる
  • 2周目 ×を○にする練習。また×だったら解答解説を読んでやり直す
  • 3周目 2周目で×だったところをもう一度やり直す
塾長鈴木

特に2周目の練習が一番大事ですね。×問題に向き合いましょう!

3.答え合わせはこまめにやる!

よく答え合わせをまとめてやる生徒さんがいます。まとめてやりますと、やり直しがとても面倒で、雑になることが多いです。ワークを1ページ解いたらすぐに答え合わせをして、×の解き直しをすることが大事です。学校の先生から「間違えは赤ペンで解答を書く」と言われるようですが、答え写しが目的にならないように注意しましょう。

塾長鈴木

提出物の締切ギリギリで、答え写しをするほどむなしいものはありませんね。

4.ワークの進捗は締切を決める!

進捗とは進み具合のことです。ワークがどこまで進んでいるのか、常に点検する必要があります。できればテスト2週間前までに1周目完了が理想的です。2周目、3周目の締切日をしっかり決めておきましょう。

  • 1回目点検 テスト2週間前 範囲表を見て進み具合をチェック
  • 2回目点検 テスト10日前 1周目完了
  • 3回目点検 テスト5日前 2周目完了
塾長鈴木

時間がかかりそうな教科から取りかかりましょう!

5.間違いをしっかり分析する!

間違えの種類には、ケアレスミス、知識不足、理解不足の3つに分かれます。もったいないケアレスミスは、すぐに修正可能です。知識不足は、暗記教科に多いので、まずは学校の教科書などで調べることです。暗記するときは音読すると早く覚えられます。理解不足は、数学や理科に多いので、解答解説を読んでもわからないときは、先生に質問しましょう。

塾長鈴木

なぜ間違えたのか?理由をしっかり考えましょう!

各教科の勉強法については、日を改めて紹介したいと思います。

今週もありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる