夏期講習の情報はこちら!ボタン

中学生 1学期期末テスト勉強法 ~数学編~

中学生期末テスト勉強法 数学編

先週は、中学校の期末テストに向けて「成績アップする5つのコツ」を紹介しました。今週も、各教科の勉強法を詳しく解説していきます。

今回は、数学の勉強法について具体的にお話します。学校の教科書、ワーク、ノートなどを用意してお読みください。

目次

テスト範囲を確認してみよう! 

昨年の1学期期末テストの範囲を見てみましょう。学校によって多少のズレはありますが、1学期は計算分野が中心です。ケアレスミスがなければ点数アップのチャンスですね。

中1 正の数・負の数がメイン

中2 式の計算、連立方程式(文章題は除く)

中3 式の計算、平方根

数学のテスト勉強の2つのポイントとは? 

それでは、具体的な勉強のやり方を説明していきます。まず、数学のテスト勉強で外せないものが2つあります。

1.計算問題は得点源なので、ケアレスミスをしないように途中式も書くこと。

2.学校の「ワーク」は自分の目標点に応じて、問題のレベルを攻略すること。

計算問題は素早く途中式を書くようにする

1学期のテストは計算問題が中心になります。ケアレスミスが少なければ得点アップも十分に狙えます。しかし、残念ながら計算ミスによる失点は毎年多く見られます。それでは計算ミスを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

ミスが多い人の特徴は、思い込みによる暗算です。まずは途中式を書いて視覚で確認することをおすすめします。そして、計算問題に取り組むときは、普段から時間を決めて素早く途中式を書くようにしましょう。

学校のワークや塾のテキストなど、数多くの計算問題を解いていくと、自分のミスパターンがわかってきます。そのミスをあらかじめ予測できればグッと計算力が上がりますよ。

目標点に応じて問題のレベルを攻略する

数学のワークは、基礎、標準、応用の3つに分かれていることが多いです。自分の目標点に応じて、問題のレベルを攻略した方が効果的です。

例えば、目標が40点~60点位であれば基礎まで、60点~80点であれば基礎と標準、80点以上であれば基礎から応用までを中心に繰り返し解き直します。

定期テストは、学校の問題集から類題がよく出されます。テスト本番でスラスラ解くためには、できなかった問題を何度も練習する必要があります。

教科書に出てくる太字の用語を覚えよう

最後に範囲表をもう一度チェックしよう。範囲表をよく読むと、先生によってかなり丁寧にアドバイスが書いてあります。今回は計算問題が中心ですが、盲点になるのは、教科書で出てくる用語(言葉)です。

例えば、中1では「自然数」「正の項」「負の項」、中2では「単項式」「多項式」「次数」など、毎年よく出題されます。教科書に出てくる太字の用語は要注意です。意味を理解して、漢字で書けるようにしておきましょう。

塾長鈴木

1学期は計算問題が多いので点数アップのチャンスです。計算ミスをしないように、ふだんから途中式を書いて練習を積んでいきましょう!

1学期期末テスト勉強法の数学編は以上です。

テスト1週間前までに学校の課題(提出物)が終わったら、そこからが本当のテスト勉強の始まりです!ぜひ参考にしてみてください。

次回は「1学期期末テスト勉強法 ~国語編~」です。

中学生期末テスト勉強法 数学編

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次