~考える力とあきらめない心を育てる~

厚木市の学習塾 パスカル進学ゼミ 小1~高3 少人数制クラス 英語教室 個別学習

046-280-6490
定休日:日曜
ホーム教室・スタッフ紹介授業案内入塾までの流れブログお問い合わせ
パスカル進学ゼミについて
ホーム » パスカル進学ゼミはこんな塾

パスカル進学ゼミはこんな塾

幼児・小学生は、右脳をきたえる『そろばん塾ピコ』、日本人講師によるオールイングリッシュ『英語教室』。小学5・6年生は、思考力を伸ばす『算数・国語の個別指導』。中学生は、一人ひとりが効率よく学習できる、同学年による『少人数制一斉指導』。高校生は、大学指定校推薦をねらう『個別学習システム』。パスカル進学ゼミでは、年齢や学年によって子どもの成長に合わせた最適な学習環境が整っています。

 

「勉強ってつまらない!」、「勉強って何のためにするの?」、そんな気持ちになることもあります。でも、何かのきっかけで、「あっ、わかった!」と感じる瞬間が一番伸びるとき。私たちは、その瞬間を見逃さないように、『わかる楽しさ』と『やる気』を引き出してあげたい。授業中の主人公は、もちろん生徒のみなさん。先生はあくまでも脇役。生徒が自ら考え自ら学ぶ。そんな生徒参加型でやる気アップを実践します。

 

塾は、学校の成績や模試の偏差値を上げてくれるところ、そんなイメージが先行しがちですが、私たちが目指す根っこは、子どもたちの『やる気=エネルギー』を引き出すこと、子どもたちの『可能性』を伸ばすこと。多感な子どもたちに対して、ときには厳しく、ときには励まし、ときには思いきりほめてあげる。学力の向上はもちろんのこと、地域の大人として、子どもたちの夢や希望の実現を応援します。

パスカル進学ゼミのフォロー体制

補習授業と自習室の開放
補習授業と自習室の開放

病気などで欠席が続いたり、授業内容が十分理解できなかった生徒に対しては、積極的に補習をしていきます。補習の費用は一切かかりません。
また、授業時間や授業日以外の空き教室は、自習室として自由に利用することができます。ご家庭で机に向かうのが苦手な人はどんどん利用して下さい。

各中学の進度にバッチリ対応
各中学の進度にばっちり対応

地域の各中学校の進度に合わせた授業をおこなっています。
定期テスト対策では、2週間前から通常授業の進度をとめて、各学校の試験範囲に合わせて授業をおこないます。
テスト直前には、土曜・日曜対策授業や実技科目勉強会なども実施しています。

各種検定の試験準会場
各種検定の試験準会場

英検・漢検・数検の試験準会場として認定を受けていますので、スクールで受験することができます。もちろん塾生以外の方でも受験可能です。
資格取得のサポートとして、問題集のプレゼント、本番前の練習なども実施しています。
検定の回数は年間を通して、英検3回、漢検2回、数検2回を予定しています。

保護者との密接な連携
保護者との密接な連携

メールでの授業報告、保護者面談、進学説明会、入試相談など、保護者様との密接な連携に努めています。学力向上はご家庭との連携が不可欠です。そのため、学習状況をメールで報告するサービスを提供しています。また、お子様の入退室メール、災害時などの連絡メールを配信しています。

成績管理システムと万全な進路指導
成績管理システムと万全な進路指導

神奈川県私塾協同組合に加盟していますので、豊富な進学資料をご提供できます。毎年近隣の高校訪問を実施し、最新情報をブログで報告しています。また、塾生の学校での成績(定期テストの結果・内申点)や模擬試験の結果の推移をコンピューター処理し、精度の高い分析で万全の進路指導をおこなっています。

各種イベントの数々
各種イベントの数々

生徒さんのやる気と好奇心を引き出すためのイベントを企画しています。検定取得を応援する「検定チャレンジキャンペーン」をはじめ、「理科実験」、定期試験対策「土・日特訓講座」、小学生では、計算・漢字コンクール、ハロウィン、クリスマス会など、盛りだくさんのイベントを実施しています。

塾長メッセージ

「人間は考える葦(あし)」である」―自然の中の人間は一本の葦のように弱い存在に過ぎないが、考える葦でもあるーこれは17世紀の哲学者であり、科学者でもあるパスカルの名言です。私はパスカルの言うように、「考える」ことができるのは、人として生きる原点であると考えています。

パスカル進学ゼミの理念は「考える力とあきらめない心を育てる」こと。どんなに良い高校、良い大学に進学しても、どんなに便利な世の中になっても、心の幸福は自分で考えなければ手に入りません。「考える力」は将来の生きる力になります。また、「あきらめない心」は、自分自身を成長させる原動力になります。勉強をするということは、目的ではなく手段に過ぎません。子どもたちに、「考える大切さ、わかる楽しさ、できる喜び」をもっと感じてほしい、そんな思いでいっぱいです。

ページの先頭へ